肥満と発がん率の関係



肥満の発がん率の高さは調査によって報告されているが、90万人に調査したところ女性は62%、男性は52%も肥満の人の方が発がん率が高い。 特に女性の場合は一般の約6倍も子宮がんになる割合が高くなり、乳がんや卵巣がんの可能性も上がると言われている。 男性は肝臓がんが多く、続いて前立腺、胃で死亡に至ってしまう場合もあるというのです。 ここでは体重が負荷を与えるのは骨や筋肉だけでなく、人間の内臓や心臓機能にも良いとはいえない圧力をかけてしまうことになる。 北欧のヨーロッパのデンマークではこの事態に掛ける税金を発表しているのです。 これは、まだまだ、これに対しての反応は世間ではないが(ほとんどの人が知らないでいる)、これが実は深刻なトラブルや問題と現状ではされている。 やはり、糖尿病や成人病の原因ともなり得るためと、このような考え方ひとつですぐに防ぐことができたりします。 これから最初はスタートして心機一転新たに健康になることで活動をはじめることができることが最も大きい。
TOP


肥満の治療方法の問題



肥満治療は食事制限では解決出来ない問題もあり、病院で医師の相談を受ける場合もある。 その場合、肉体的な問題だけでなく精神的にも何かのケアをうけトレーニングをする事になる。 毎日の健康的な生活を支える心をまず作らなくては肥満解消にはならないのです。 このようにメンタルの部分を鍛える必要がある。 これは痩せすぎてしまった人にも同じことが言え、それが、これから先、こうした体重の変化が体にどれ程の深いコンディションに影響をもたらすかを、ここでは物語っている。 アスリートやスポーツ選手でなくても、適したエクササイズやトレーニングがあります。 ここでの体操などはできることなら週に数回はできるようにしたいものである。 ストレス解消や血行の流れにも影響があるのはアンケートや細かい科学的な統計の現段階でのデータとしても出ている。
成功のコツ
減量する努力